専門学校で保育士の資格を - 専門学校で保育士の資格を目指す

専門学校で保育士の資格を

subpage01

保育園で子どもの世話を親に代わって行う保育士の仕事は、子どもが好きな人や子育てを経験した主婦に人気のある職業です。


最近は、男性の子育てへの協力が求められてきた風潮もあり、男性保育士も増えてきています。

幅広い分野の保育士の専門学校について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

保育士になるためには、資格が必要になります。資格を取得する方法としては、通信講座で知識を学び、国家試験を受験して合格する方法と保育士になるためのカリキュラムが習得できる四年制の大学や短期大学、専門学校に通い、卒業することで資格を得る方法の2種類があります。大学や専門学校は、高校生や大学生などの時間に余裕がある学生が資格を取るときに選ぶことが多いです。

社会人や主婦のように長時間学校に通うのが難しい立場の人たちは、時間の拘束が少なく自分のペースで勉強ができる通信講座を選ぶことが多いです。専門学校は、2年制と3年制があり、大部分は2年制の専門学校が主流になっています。

安心、信頼の産経ニュースの情報を簡単に探すことができます。

大学や短大よりも現場に即した技術や知識を勉強できるのが魅力です。



また、学費も四年制の大学に比べると安く、2年制であれば200万前後で3年制の場合は200万から300万の間ぐらいが相場になります。
専門学校に通った場合、保育士の資格だけでなく幼稚園教諭の資格も同時に取得できるコースもありますが、学校によっては幼稚園教諭の資格は取得できないケースもあるため、事前に調べておくことも大事です。


また、資格を取得するためには、高卒以上の学歴が必要なため、中卒の方は資格を取得する前に高校卒業と同等の資格を取得する必要があります。