専門学校で保育士になるメリット - 専門学校で保育士の資格を目指す

専門学校で保育士になるメリット

subpage01

保育士の資格と取る方法としては、厚生労働省が指定する養成施設に通い、卒業する方法と国家試験を受験して合格する方法の2通りに大きくわかれます。

養成施設には、4年制の大学や短大、専門学校などがあります。

どちらの方法を選ぶにしても高卒以上の学歴が必要になってきます。
社会人や主婦が保育士の資格を取る場合は、国家試験を受験する方法を選ぶことが多いです。

保育士の専門学校の情報を幅広く扱っているサイトです。

保育士の専門学校に通うメリットとしては、大学や短大に比べると学費が安い点があります。

YOMIURI ONLINEに関するお役立ち情報コーナーです。

専門学校には、2年制と3年制がありますが、学費は200万から300万ぐらいが平均相場になります。
3年制の場合は、学費が2年制よりも100万ぐらい高くなりますが、そのかわりに幼稚園教諭の資格も同時に取得できるメリットがあります。

2年制でも幼稚園教諭の資格を取得できる学校もあります。

学校を選ぶときには、得られる資格なども考慮に入れることが大事です。



専門学校に通うメリットとしては、学費以外にも短い期間で保育士の資格を取得できる点があります。

そのため、早く資格を活かして働きたいと考えている人には、4年制の大学に通うよりも時間を短縮することができます。


また大学や短大と違い、保育に関する専門知識や技術を学べるのが魅力です。その反面、大学や短大のように保育以外の分野を学ぶことができないのがデメリットです。

保育士の専門学校には、2種類があり、厚生労働大臣の指定養成施設である指定校と、指定を受けた短期大学のカリキュラムも行わなければいけない併修校があります。