専門学校で保育士の資格を目指す

subpage1

保育士は国家資格のため、資格を取得するためには国家資格に合格するか、厚生労働省が認定している専門学校に通う必要があります。


専門学校では2年間でしっかりと保育の知識や基礎技術を学ぶことができ、しっかりと単位を取っていれば卒業と同時に保育士資格が与えられるので国家試験を受けなくとも最短で保育士として働くことができます。
また同時に幼稚園教諭2種免許も取得することができるため、幼稚園でも働くことができるようになり就職先の選択肢の幅が広がるのも魅力的です。

大学では4年かけて実施するカリキュラムを専門学校では2年に凝縮して行うので、授業が詰まっていたり短い期間で現場へ実習にも出たりと大変ではありますが、その分即戦力として現場で活躍することも十分にできます。



保育士の資格を専門学校で取得するためには、一般教養や子どもの発達理論はもちろん、日本国憲法や社会福祉に関してもしっかりと知識を深める必要があるため、そのような講義も避けては通れません。


さらに実技として身体表現としての体育活動や音楽表現としての歌やピアノの講義および試験もありますので、苦手意識を持たずに努力して単位をとることが求められます。

専門学校にはうまく逃れられたとしても、現場でこれらの知識や技術は必ず求められてくるので油断は禁物です。



これらの座学に加えて保育所や託児所での現場実習も必要とされる学び、単位の一つです。



現場では保育者としての自覚や責任感を強く持ち、先輩方や子どもから学ぶことが多々あります。

慣れない現場で疲れているなかで、実習日誌も毎日書かなければいけないのでなかなか大変ですがそこで得るものとやりがいは何にも代えられないといえるでしょう。

皆が知りたい情報

subpage2

近頃は、専門的な知識やスキルをしっかりと身につけるために、専門学校に通っている人が多くなってきました。中でも子供と触れ合う仕事につきたいと望んで保育士を志す人も増えているのです。...

next

大人の常識

subpage3

保育園で子どもの世話を親に代わって行う保育士の仕事は、子どもが好きな人や子育てを経験した主婦に人気のある職業です。最近は、男性の子育てへの協力が求められてきた風潮もあり、男性保育士も増えてきています。...

next

資格入門

subpage4

保育士の資格と取る方法としては、厚生労働省が指定する養成施設に通い、卒業する方法と国家試験を受験して合格する方法の2通りに大きくわかれます。養成施設には、4年制の大学や短大、専門学校などがあります。...

next

資格の秘訣

subpage5

子供が大好きな人にとって、保育園や幼稚園での仕事はまさに適職です。これらの職業に就くためにはいくつかの方法がありますが、保育士には専門学校や大学に進学し、実践のために必要な知識を身につけて資格を取得する道が用意されています。...

next